小松美羽ってハーフなの?出身高校や作品の値段が気になる。美人過ぎる画家として活躍中

次回放送予定の情熱大陸では

最近、美人過ぎる画家として

話題を集めている小松美羽さん

が登場します!

 

 

制作する作品がすごいって

ゆうこともよく言われています。

 

 

今回はこの小松美羽さんについて

いろいろと気になったので調べてみた!

 

[スポンサードリンク]

 

~小松三羽さんについて~

 

小松 美羽(こまつ みわ)

小松美羽

生年月日:1984年11月29日(満30歳)

出身地:長野県植科郡坂城町

出身高校:長野県更級農業高等学校

出身大学:女子美術大学短期大学部

血液型:O型

(2015年11月23日現在)

 

 

[スポンサードリンク]

 

ここ何年かは「美人過ぎる~」とか

「美しすぎる~」なんてゆういろいろな

職業で活躍している女性がピックアップ

されていることなんかも多かったけれど、

実際には本当に美人過ぎる人かこれ?

って思ったりしてしまうこともあったりしたことが

ちらほらとあったような気がしてたんだけれど。(笑)

 

 

 

そして、小松さんは2009年に美しすぎる銅板画家

としてメディアで取り上げられたことがきっかけで

有名になっていったんだけれど、小松さんは

確かにとっても美人さんだなって思ったかな!

 

 

 

また、小松さんのことを調べてみたら

ハーフってゆう関連ワードが出てきていた

から最初は小松さんってはハーフなのかな

って思って調べてみたんだけれど、生まれも

長野県ってことだったし、別にハーフだって

ことでもなかったみたい。

 

 

 

なんでハーフって出てきていたのかは

はっきりとはわからなかったけれど、

美人過ぎるってことだからハーフって

ゆう感じのイメージだったのかなって

個人的にはちょっと思ったかな。

 

 

 

 

そんな小松さんは高校は農業高校

通っていたみたいだったんだけれど、

プロの画家ってことだから高校から

美術とか芸術系の高校に行っていた

のかなって思ってたからちょっと意外

に思ったかな。

 

 

 

大学は女子美術大学短期大学部

進学していったから本格的に勉強を

始めたのは大学に入ってからだったのかな?

 

 

 

そして、大学卒業後からもう

バリバリに作品とかを生み出して

活躍とかしていたのかなって

思っていたんだけれど、最初は

どうやらあんまりうまくいかないことも

多かったみたいだった。

 

 

やっぱり厳しい世界だってことだね!

それでも諦めずにずっと続けてきた

こともあってやっと注目されていくように

なっていった!

 

 

 

2009年にメディアで取り上げられてからは

アルバムのジャケットを手掛けたり、雑誌の

表紙を担当したりと段々と活躍の幅を

広げていって、2010年以降は何度かの

個展を開催するまでになっていった!

 

 

 

 

~作品の値段はどれぐらい?~

 

 

 

今ではその独特の感性での作品にも

注目されている小松さん!

 

 

 

現在の小松さんの作品の中で

けっこう有名な作品は

 

 

 

 

四十九日

四十九日

 

 

 

1年戦争の終結

1年戦争の終結

 

 

なんかの作品があるんだけれど

この作品の場合だと、

 

 

四十九日が

60×89.5cmで価格が20万円

 

 

1年戦争の終結が

54×79cmで価格が10万円

 

 

っていたような感じになっている。

まあ作品によって値段は違うから

振れ幅があるって感じだね。

 

 

 

また、個人的にはこの

 

 

産道

産道

 

 

 

ってゆう作品に魅かれた感じがしたかな!

ちなみにこの産道の価格は

54×79cmで16万2000円だった。

 

 

 

情熱大陸ではオークションの裏側

なんかも見れるみたいだから

けっこう楽しみだね!

 

 

 

~最後まで読んでいただいてありがとうございます!~

 

この情報がお役に立てれば嬉しいです!

いいね!やシェアしていただければ嬉しいです♪

 

それではまた!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ